会社概要

会社概要

会社紹介

商号 株式会社 イチボウ (ICHIBO CO.,LTD.)
設立年月日 昭和54年2月(創業:昭和31年4月)
資本金 2,800万円
建設業許可番号及工事業 東京都知事許可

第54555 消防施設工事業

電気工事業

管工事業

 

代表取締役社長 竹内 秀夫
取引銀行 みずほ銀行 五反田支店

三菱UFJ銀行 品川駅前支店

営業品目 自動火災報知設備

住宅用火災警報器

防火・防排煙設備

消火器

消火設備

非常用放送設備

非常用照明設備

誘導灯設備

インターホン設備

防犯警報設備

その他防災関連機器の設計・施工・保守

 


メッセージ

弊社は、創業以来消防設備を中心とした防災事業を展開し、皆様の「命」を守り
安全・安心につながる最新・最適の防災システムをご提供し、最良の消防設備点検に
努めてまいりました。

私達は、これからも防災事業を通してイチボウとしての存在価値を高め、
皆様に信頼される企業を目指します。

今後とも、温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

経営理念

私達は、常に品質向上に努め、最新・最適な防災設備の納入と、
確かなメンテナンスを通じて、社会に安全と安心を提供し続ける。

 

反社会的勢力排除宣言

当社は、反社会的勢力および団体に対して毅然として対応し、関係遮断に努めております。

  1. 当社は、反社会的勢力との一切の関係を遮断します。
  2. 当社は、反社会的勢力とは、商品およびサービスの提供その他一切の取引を行いません。
  3. 当社は、反社会的勢力による不当要求は、毅然として拒否します。
  4. 当社は、反社会的勢力による被害を防止するため、警察その他外部専門機関と連携し、
    組織的・法的に対応します。


会社沿革

昭和31年(1956年) 古河電気工業㈱は火災検知線の施工販売を目的として、第一防災㈱を創設。
昭和44年(1969年) 半導体感知器を開発し、国家検定に合格。
昭和54年(1979年) 能美防災㈱と古河電気工業㈱は、防災事業の一層の発展と安全技術の向上を目的として、(新)第一防災㈱を共同設立。(旧)第一防災㈱の財産及び事業を引継ぐ。
平成6年(1994年) ㈱大和電機を吸収合併。株式会社イチボウに社名変更。

資本構成は、能美防災㈱73.2%、古河電気工業㈱26.8%。

平成25年(2013年) 本店事務所を「東京都品川区西五反田1-29-1 コイズミビル3階」に移転。


主な得意先

能美防災株式会社

古河電気工業株式会社

株式会社UACJ

古河電池株式会社

古河電工産業電線株式会社

富士古河E&C株式会社

朝日不動産管理株式会社

アメリカ大使館

日本ゼオン株式会社

東京都

新栄不動産ビジネス株式会社

豊国電気工業株式会社

京急サービス株式会社

東日本電気エンジニアリング株式会社

新生ビルテクノ株式会社

グローブシップ株式会社

日本パーキング株式会社

 

品川区

株式会社東急コミュニティー

株式会社東急Re・デザイン

東プレ興産株式会社

株式会社懇和会館

住友林業レジデンシャル株式会社

京浜急行電鉄株式会社

一條電気工業株式会社

小池電設株式会社

東京都教育委員会

東京都下水道局

株式会社中尾電設

平和電工株式会社

保健医療福祉協同組合

株式会社東京レント

 

 


主な商品仕入れ先

能美防災株式会社

ミツワ電機株式会社

古河電池株式会社

パナソニック電材ソリューションズ株式会社

ヤマト電機株式会社

藤倉電気工業株式会社

株式会社河本総合防災

落合住宅機器株式会社

橋本産業株式会社

モリタ宮田工業株式会社

株式会社初田製作所

株式会社コーアツ

株式会社セキュリティソフトウェア


アクセス

map

主なサービス

防災設備

長年培った豊富な専門知識と高い技術 力で防災設備などの工事を行います。

メンテナンス

お客さまからのお問合せに、質の高い
サービスを提供します。

Special Contens

イチボウは新しい力を募集しています。